ASIAN NOMAD LIFE

ライフスタイルブログはこちら。https://www.mrs-lowe.com/
「北方領土」に素朴な疑問
0

    「北方領土は戦争で取り返すしかないのでは?」と酔っぱらってからんだ若い国会議員が所属政党を除名処分になりました。

     

    なんだかなーと思いますが、日本の政治家たちがなんだかんだとこだわってきたこの「北方領土」問題、私としては、この議員をはじめ、なぜこの領土問題に日本の政治家たちがこれほど拘泥するのか理解できません。その理由は以下の通りです。

     

    1.2019年現在、北方領土に日本国籍をもつ日本人は誰も住んでいないそうです。戦後、ロシア人と結婚して日本に帰国せずに残ったり、日本人の血をひく2世や3世たちは住んでいるそうですが、彼らのアイデンティティはすでに日本人とはいえないでしょう。

     

    逆に、現在この島々には、1万人を超える数のロシア人が住んでいます(歯舞群島を除く)。その中にはこの土地で生まれ育った人々も少なくないはず。

     

    もしも北方領土が政府の言う通り日本に返還されることになったら、このロシア人たちは日本人になるのでしょうか? それともロシアの他のどこかの土地へ強制移住させられるのでしょうか? 彼らが通う学校では日本語の授業が行われることになるのでしょうか? 役所の書類はすべて日本語になるのでしょうか?

     

    誰も人が住んでいない尖閣諸島や竹島と違い、北方領土にはすでにロシア人が住んでいるのであり、彼らにとってはここが故郷です。同じロシア人の中には「日本が大金を払うのなら北方領土返還してもいい」という人が少なからずいるそうですが、その人たちはここに住んでいる同胞たちの生活や将来を考えているのでしょうか?

     

    いずれにせよ、日本人が住んでおらず、多くのロシア人が実際に何十年も、数世代にわたって住んでいる土地を日本の領土なのだからそのまま返還しろといっても無理があります。

     

    反対にもしもいざ返還となったら、どんな日本人がここに住むのでしょうか? 冬は氷点下20度以下になる北海道の郡部に住んでいる友人がいますが、彼女の息子たちはすでに家を出て都会に移住しており、近隣は過疎化がかなり進んでいるそうです。

     

    北方領土も凍てつく土地です。ロシア領ですからインフラも日本よりだいぶ劣っているでしょう。ここに税金を投入して日本なみのインフラを整備しても、いったいどれだけの日本人が移住して生活するのでしょうか?

     

    「住人」という観点からみて、北方領土は戦後74年を経て実質的にはロシア人の土地となっている。であれば、ロシア人からしたら「譲渡」はあるかもしれませんが、法的所有権は日本にあったとしても無償で「返還」という事態にはなるはずがないと思います。

     

    2.北方領土問題には、国防権、漁業権、天然資源の採掘権などが絡んできますが、このようなこそこそロシアの「条約違反の違法占拠である」、という事実を逆手にとって日本に有利に交渉することはできないのでしょうか?

     

    現段階では、日本はこのような権利を行使できていないわけで、ロシアはその権利を享受している。そこをタダでよこせ、と言っても私がロシア人だったらうんというわけがありません。このような権利を日本に認めるなら、応分の見返りをよこせと言うに決まっています。

     

    逆に、巨額の見返りを支払って返還してもらっても、それは取引による譲渡、つまり「土地の購入」であって、日本政府が主張している法的根拠による「返還」ではないはずです。もし見返りを支払うのが嫌だというのであれば、それこそ彼の議員が言うように戦争という力づくの手段しか選択はなくなる。

     

    もちろん、ここに先祖のお墓がある方々などが訪問したいというのはわかりますが、ビザなし渡航という形で現在すでに日ロ間の合意ができているわけです。その他の案件についても交渉は可能ではないでしょうか? 費用対効果を考えて、したたかに計算&交渉する余地はないのでしょうか?

     

    ひたすら「領土」という概念にこだわるのではなく、実質的に日本という国にとって有益な権益を探りつつ、少しでも有利に交渉を進めるのが外交というものではないでしょうか?

     

    3.北方領土に関する世論調査はいつも「北方領土問題を知っているかどうか?」とか「四島返還か二島返還か?」「返還運動に参加したいか?」というような設問ばかりになっていますが、私の知る限り、「北方領土返還は必要だと思うか?」という世論調査はなぜか見当たりません。

     

    心から北方領土を返してほしいと願う日本人はいったいどのくらいいるのでしょうか? 私が友人と話をしていて尖閣や竹島の話は出ることはあっても、北方領土の話というのはまず出ないのですが、私の周囲だけが特殊なのでしょうか?  一般的な日本人は違うのでしょうか?

     

    平成30年度の北方領土関係の予算は16億8千800万円。このうち13億2,200万円と約8割を占めるのが、件の議員が参加して問題を起こしたビザなし交流のための飛行機チャーターなどの費用で、それ以外は返還にかかわる啓蒙活動費用が大半です。

     

    裏を返せば、啓蒙活動をしなければ北方領土問題は日本国民に忘れ去られてしまう、ということではないでしょうか?

     

    実質的な活動である2017年度の4島ビザなし交流は9回で参加者がのべ501名。ロシア人による日本訪問及び、報道関係者やお役人や政治家などの関係者などを含む数字ですから、実質的にどのくらいの元島民の方々が参加されたのかわかりません。推測の域を出ませんが、せいぜい数十人といったところではないかと思います。毎年、そのためにこれだけの税金が使われています。

     

    私たち日本人が日本という国で安心して暮らしていくにあたり、北方領土やこれらの国家事業は本当に必要なのでしょうか? このために多大な予算を組んだり、総理大臣はじめ政治家たちが少なからぬ時間を費やすより、もっと他にすべきことがあるのではないでしょうか?

     

    4.「戦争しかない」と言った若い議員は、常々心中で考えていたことを酔っぱらって口にしてしまっただけではないかと思います。

     

    私は「国防」のためには戦争をしなくてはならない局面もあると考えます。そのためには軍隊が必要であり(自衛隊はれっきとした軍隊ですし、先日もシンガポールに他国の軍隊とともに招かれていました。広報官の方は堂々と英語でスピーチされ、日本人としてとても誇らしく思いました)、徴兵制もやむを得ない。

     

    特に日本では今後若年人口が減っていくのですから、若い男子だけに国防の大任を押し付けることなどとうていできません。老若男女問わずの徴兵こそが日本の選択すべき道だと思いますし、私自身も非常事態となれば真っ先に志願します。若くないですし力もありませんが、兵糧の在庫管理や物流などロジスティックスは得意。いざとなれば最前線でコックだってできます。

     

    しかし、それはあくまでも「国民」とその国民が生活する「土地」を守るためであって、日本人が誰も住んでいない「領土」をめぐって戦争をし、自衛隊員の方々を筆頭とした、地球より重い国民の命を失う危険を冒すのは本末転倒でしょう。

     

    尖閣や竹島を守りたければ、とにかく外交の力を最大限駆使して戦争にもちこまないようにするしかない。いわんや現在ロシア人が居住する北方領土をや。

     

    もしも彼の議員が言ったように、ロシア人が現在住んでいる北方領土を戦争によって奪還しようとするなら、その土地を生活の基盤にしているロシア人たちの「国防力」によって日本人の貴重な命が失われることも厭わないということです。

     

                  *******

     

    これだけ釈然としないものがある北方領土返還問題。まず「返還」ありきではなく、日本国にとって本当に四島の返還が必要かつ最善なのかどうか、国会やメディアをはじめ、この事件を好機に、広く率直な議論をしてほしいと思います。 

    JUGEMテーマ:政治

    | Yuriko Goto | 国際社会 | 11:00 | - | - |
    飲食業界で台頭するLGBTシェフたち
    0

      生き馬の目を抜く飲食業界。

       

      数多のレストランやカフェがオープンしては閉店し、一世を風靡したシェフも後進の料理人にその座を明け渡す…。という下剋上の業界にあって、ここ10年ほどで特にその活躍が目立つようになってきたLGBTのシェフたちを少しだけ紹介してみたいと思います。

       

      アン・バーレル(Anne Burrell)

      www.foodnetwork.com

      アメリカの料理専門チャンネル、フードネットワークの看板シェフの1人。

       

      アメリカ版「料理の鉄人」で鉄人シェフのアシスタントを務めた後、自らの冠番組をも
      つ人気者に。アラフィフで貫禄たっぷりな肝っ玉母さんキャラですが、かなり早い段階でレズビアンを公表。その後も人気は衰えず、スター・シェフであり続けています。

       

      彼女の番組で紹介される料理は、どちらかというとシンプルで伝統的なアメリカ料理。それほど高度な技術が要求されず、忙しいワーキングマザーでも作ってみようかと思わせるものが多いですが、ちょっとしたコツなども教えてくれ、さすが経験を積み上げたプロ、と唸らされます。

       

      クリステン・キシュ(Kristen Kish)

      www.instagram.com

      米リアリティ番組「トップ・シェフ」 で史上2人目の女性トップ・シェフに。アジアンな風貌は韓国生まれ故ですが、生後すぐにアメリカ人の養親に引き取られたため、料理のバックグラウンドにアジアの影響はなく、調理学校で学んだのも作るのも、正統派フレンチ&イタリアンです。

       

      特筆すべきは彼女のユニセックスでエキゾチックな風貌。高校生の頃モデルをしていたというだけあって、華奢でスレンダーな体型は百戦錬磨のシェフたちに混じってもひときわ目をひきます。そんな彼女をテレビ業界が放っておくわけがなく、有名人になってからは旅番組のホストとして数年間活躍していたようです。

       

      2018年には満を持してテキサス州オースティンのLine Hotel内にレストランArlo Greyを開店。一流シェフへの道を着実に歩んでいます。

       

      ヨタム・オットレンギ(Yotam Ottolenghi)

      ottolenghi.co.uk

      ロンドンっ子であればカジュアル・レストラン&デリカテッセン「オットレンギ」の名前を知らない者はいないほどの有名店オーナー・シェフ。

       

      エルサレム生まれ。父親はヘブライ大学の教授、母親は高校の校長というエリート一家に生まれ、テル・アビブ大学で比較文学の学位を取得するも、ゲイとしての自由と料理への情熱をかなえるべく欧州に移住。

       

      野菜を中心としたメニューには中東やヨーロッパのスパイスやハーブを多用し、プレゼンテーションもひたすらお洒落。抜きん出たアーティスティックなセンスと飾らない穏やかな人柄がそこここに感じられます。

       

      彼のキャリアは順風満帆で、パティシエとして複数の有名店で経験を積んだ後、2002年にノッティング・ヒルにデリカテッセンの店を開店。瞬く間に有名店に。ガーディアン紙に執筆を始め、2008年に出版した『Ottolenghi』が10万部を超える大ベストセラーに。

       

      その後も旺盛に執筆活動を続ける他、料理番組のホストを務めたり、店舗数も順調に伸びるなど、イギリス料理界における彼のステータスは不動のものとなっています。

       

      私も彼のレシピが大好きで著書を数冊もっていますが、特に独特のスパイスづかいのスィーツ・レシピはベーキングに欠かせません。中東にとどまらずアジアやインドなどさまざまなエスニック料理をヨーロッパ風に小粋にアレンジする技には、いつもただただ感動するばかりです。

       

       

       

      ニック・シャルマ(Nik Sharma)

      www.abrowntable.com

      デジタル時代にふさわしい新しいタイプの料理ブロガー&フォトグラファー。ムンバイ出身、サンフランシスコ在住。

       

      インドのスパイスや伝統料理を洋風にアレンジした独特のレシピもさることながら、彼の料理ブログ「A Brown Table」の最大の特徴は、黒を基調にしたアーティスティックな写真の数々。ときどき映り込む、料理をする彼の手もかなり暗い褐色で、陰影のある画像の表情が「ブラック・イズ・ビューティフル」を体現しています。

       

      そして昨年出版した初の著書『Season』はたちまち話題の本に。ニューヨーク・タイムズ紙にも取り上げられ、次世代スターの座を揺るぎないものにしつつあります。

      www.nytimes.com

       

      彼もまた、自身のゲイとしてのアイデンティティをカミングアウトできないインドから脱出するためにムンバイ大学在学中に奨学金を獲得してアメリカ留学。修士号まで取得した後、ワシントンDCで医学研究者として働いていた2011年にブログを開始し、こちらが本業になってしまいました。まだまだこれからが楽しみな30代。インド料理をベースにした新しいテイストの創作料理に熱い期待が寄せられています。

       

                     *****

       

       

      飲食業界もアパレル業界と同じく、今日では、セントラル・キッチン方式の大量生産やマニュアル化でコストを最低限に抑えて薄利多売に走るか、逆に、他のお店では決してマネできない独自のテイストとSNS映えするアーティスティックなプレゼンテーションでリピーターを獲得するか、の厳しい二者択一を迫られています。

       

      その意味で、芸術的なセンスに秀でるLGBTの料理人たちは、時代のニーズに応えて頭角を現してきていると言えるでしょう。同時に、LGBTをなかなか公にできない中東やアジアから欧米に移民したシェフたちが活躍している点も見逃せません。

       

      ”Mine is the story of a gay immigrant, told through food."

      「(私のブログは)食べ物を通じて一人のゲイ移民が語る物語だ」

        

      と、ニック・シャルマさんが著書『Season』の中で語るように、今後は「LGBT」と「移民」が飲食業界の重要なキーワードになっていくような気がしてなりません。

      JUGEMテーマ:ビジネス

      | Yuriko Goto | グローバルビジネスと人材 | 20:47 | - | - |
      5月15日はストッキングの日
      0

         

        最近は様変わりしましたが、まだ東京に中国人女性の姿が少なかった数十年前、街でみかける日本人と区別がつかない彼女たちの見極めポイントの一つは「ストッキング」でした。

         

        当時まだナマ足は一般的ではなく、日本人はもちろん中国人女性もたいていストッキングをはいていたのですが、日本人女性がはいているのはナイロン製、中国人女性のはいているのはポリエステル製が大多数。

         

        日本人の足がつやつやと美しく輝いていたのに対し、中国人女性たちは残念ながらどんよりとした肌色のスパッツを穿いているかのようで、その差は一目瞭然でした。

         

        女性ですから当然彼女たちにも違いはわかるため、日本のナイロンストッキングは垂涎の的。仕事や出張で中国に行くときの手土産には「ストッキングが一番」(仕事の相手が男性でも「奥様に」と差し上げられる)と言われていました。

         

        というわけで、本日は「ストッキングの日」。1940年にアメリカで初めてデュポン社がナイロン・ストッキングを発売したのを記念して定められました。

         

        これより以前、アメリカ女性のストッキングはほとんど日本製の絹を使用していたそうです。しかし発売以降たちまちナイロン・ストッキングは大人気となり、発売開始後4日で400万足、初年度だけで6,400万足も売れ、一瞬の間に高価で破れやすい絹のトッキングは時代遅れの無用の長物になってしまったのです。

         

        www.smithsonianmag.com

        こちらのサイトに世界初のナイロン・ストッキングの写真がありましたが、透けるハイソックスといったほうが近いかもしれません。今でもじゅうぶんはけそう。80年も前にアメリカの女性たちがとびついたのも頷けます。

         

        真珠湾攻撃を契機とした日米開戦は翌41年の12月のこと。もしも1年半前にナイロン・ストッキングが発売されておらず、全米女性のストッキングがまだ日本の絹で作られていたとしたら、絹が輸入できなくなることを恐れて、ひょっとしたらアメリカが戦争に踏み切ることはなかったかもしれません。そう考えると、ナイロン・ストッキングは歴史を変えたともいえるでしょう。

         

        ナイロン(Nylon)という名前の語源は、ストッキングが引っかかっても伝線(run)しない、"no run"からきているといいます。つまり、最初からストッキング用に開発された繊維のため、その特徴は、強くて美しいこと。

         

        ストッキングに使用されるのは10デニールや20デニールといった極細ナイロンですが、実はこういう細いナイロン繊維を作るには高度な技術が必要です。

         

        化学繊維はジョウロの口のような細いノズルから樹脂を押し出して作ります。このノズルが目詰まりすると不良品ができてしまいますし、ナイロンの場合は特に水を吸いやすく、空気中の水分によって樹脂の状態が変化するので製造がとても難しい。

         

        ですから、繊維の製造技術が発達していない国ではナイロンがうまく作れず、「どこでも誰でも作れて安い」ポリエステル繊維で代用するしかありませんでした。そのため、ひと昔前の中国の女性たちはポリエステル繊維の特徴である透明度の低い、濁った色のストッキングをはかざるをえなかったのです。

         

        現在の日本では、パンツやなま足の流行によりストッキングをはく女性が減少。ナイロン繊維を国内製造している会社も東レだけになってしまいましたが、それでもたまにはくストッキングにはクオリティの高い国産ナイロン素材を使ってほしいと思います。

         

        ストッキングの日に、この素晴らしい繊維を発明してくれたデュポン社に感謝を捧げます。

        | Yuriko Goto | 高齢化社会とビジネス | 10:05 | - | - |
        撮影者と一体になる感覚? 「ASMR」
        0

           

          「社会貢献とビデオ制作」がテーマの勉強会の2回目。

           

          www.mrs-lowe.com

           

          今回は、2週間前に出された宿題である「自分でビデオを撮影してもってくる」をクリアした人だけの参加になったため、人数は前回の半分以下に。

           

          ビデオ初心者のおばさんにはあまりにも高いハードルで(撮影した短いビデオをくっつけるだけの作業でしたが)よほどスキップしようかと思いましたが、何とか当日午前中に間に合わせて参加しました。

           

          厳選された参加者が持ち寄った映像は、さすがに完成度が高いです。街角で音楽を演奏して生計を立てているさまざまな障害をもつミュージシャンたちの映像や、インド人労働者のゴミ収集人に密着したインタビューなど、素人とは思えない力作揃い。

           

          品評界の初回である今回は、それぞれ撮影したビデオを何の説明もせず他の参加者たちに見せて、映像素材そのものを批評してもらいます。

           

          カメラの向きや、撮影の目線を同じか下からにするとか、音をきれいに拾うにはどうしたらいいか、など撮影技術的なものと同時に、インタビュー時の質問の仕方や、インタビューに答えているところと実際に対象が動いているところを別のセクションにするなど、基本的なドキュメンタリーの構成も教えてもらえました。

           

          私が撮影した映像はインタビューも何もないですし、主人公そのものも映っていないので大丈夫かなと不安だったのですが、実際に観てもらうと意外な反応が返ってきました。

           

          http://[https://twitter.com/sinlife2010/status/1127165286619070464:embed#https://t.co/tlxdNSEWRS

           

          それは「誰かを探しているという撮影者の気持ちを追体験できた」というもの。

           

          インストラクターのShaggyさんが言うには、ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)と呼ばれる感覚共有反応というような意味らしい。確かに撮影した自分自身が観ると泣ける映像なのですが、その自分の感情を何の説明もなしに映像だけで他人がわかってくれるというのは、嬉しいながら、とても不思議な感覚でした。

           

          このような感覚や感情が喚起されるというのは、文字や画像だけでは難しい、というよりほとんど不可能だと思います。その昔、ポケモンの映像に子供たちがいっせいに反応して社会問題になったことがありましたが、やはり映像には通常のコミュニケーションでは伝えられない感覚や感情を媒介するものであることを再認識しました。

           

          次回は2週間後。音声をちゃんと入れて映像もさらに増やすように、とアドバイスももらったのでやることがたくさん。必死でソフトを勉強したいと思います。 

          | Yuriko Goto | テクノロジー | 20:55 | - | - |
          高齢者運転事故の加害者にならないために現在の私ができること。
          0

            先月、東京の87才の男性が運転する車の暴走事故で母親と幼い娘さんが亡くなり、昨日は52才と62才の女性が運転する車が衝突事故を起こして巻き添えになった幼稚園児と保育士さんが何人も死傷と、痛ましい自動車事故が続いています。

             

            被害者のご遺族やご家族の心中を推し測ると言葉に言い尽くせない悲しみを感じますが、いっぽうで事故を起こした当人も、一生重い罪を背負って生きていかなくてはならないと思うと深い同情の念を禁じえません。

             

            私自身も、この年になると反射神経が鈍くなっているのを自覚しており、運転中にひやりとすることがたまにあります。ですから加害者の事情がとても他人事とは思えません。まだ50代とはいえ、今回の女性ドライバーたちのように、自分がいつ加害者になってもおかしくないと自戒しながらいつも車を運転しています。

             

            ハインリッヒの法則によれば、1件の重大事故の背後には、29件の軽微な事故があり、300件の事故に至らない「ひやりはっと」した事象があるといいますから、「ちょっと危なかったけれど大丈夫で良かった」と安心している場合ではありません。このような「ひやりはっと」が積み重なれば積み重なるほど、重大事故への危険性が増していくのです。

             

            特にこの記事を読むと、これほど高齢者運転による事故が多発していたのかとぞっとします。社会全体の高齢化にともない、死亡事故に至らない高齢者ドライバーによる危険運転事故もまた増加しているようです。

            池袋「87歳暴走」事故から江川紹子が考える、高齢者運転事故を防ぐために必要な議論 | ビジネスジャーナル

             

            他方、交通事故全体は、飲酒運転罰則強化やシートベルト着用義務などの法律改正、また、警察官の方々の日頃のご尽力により長らく減少傾向にあります。

             

            その結果、2017年には交通事故件数が47万件強と、ピークの2004年と比べて半減しており、交通事故による死亡者数も右肩下がりで、2000年の1/3近くの3532人と激減。

             

            日本は低い犯罪率もさることながら、交通の面でも世界に冠たる「安心・安全」な国であることは間違いありません。

             

            それはこのような政治や行政の努力もさることながら、私たち国民一人ひとりの自覚的な安全運転マナーに拠るところもまた大きいのだと感じます。

             

            しかし、その傾向と逆行するように、75才以上の運転車による死亡事故割合は年々増えており(件数はほぼ横ばい)、平成28年には全体の13.5%を占めるに至りました。

             

            つまり、現状の政治・行政による対策や個人の運転マナーに関する意識向上に頼っているだけでは、高齢者ドライバーの事故は減らせないということなのだと思います。

             

            www8.cao.go.jp

             

            こちらの事故統計をみても、人口10万人あたりの運転車年齢別死亡事故の割合は、30代が3.2件と最低なのに対して、40代と50代が3.5件、60代が3.8件、70才〜74才が4.5件、そして75才以上は8.9件と平均3.8件の2倍以上。ここで注目すべきは、75才以上のみならず60代から徐々にではありますが事故が増えているということでしょう。

             

            このような数字を見ていると、私には「自分はまだ若いんだから大丈夫」とはとても思えないのです。

             

            ベストなのは運転技術に少しでも不安があれば運転しないことですが、沖縄の離島のようにバスが1日数本しかない田舎では買い物一つ行くにも困ってしまいますし、シンガポールのような都会でも、タクシーやGrabを呼んでも長く待たされることがしばしば。

             

            一度自家用車の便利さを知ってしまった我が身としてはできれば避けたいですし、酷暑など環境によっては待ち時間に体力を消耗して自分の健康が危険に晒されてしまう可能性も考えられます。

             

            となると、頼みの綱は自動運転技術の発達になるのですが、この記事によるとまだまだいろいろクリアしていかなければならない問題が山積しているようで…。

             

            という八方塞がり状態の中で、現時点で私にできることは何かと言えば…、

             

            1.出かけるときは自家用車にあまり頼らず、できるだけバスや地下鉄など公共交通機関を利用して、多少不便な生活にも耐えられるよう自分を訓練する。

             

            2.買い物はネットショッピングの利用を増やし、足りなくなった場合は近所のスーパーやマーケットに徒歩または電動スクーターで行く。

             

            3.運転中はできるだけスピードを出さずに安全運転をし、特に危険な夜間の運転はできるだけ避ける。

             

            4.Googleやパナソニックをはじめとして、自動運転に研究・開発している企業に投資して応援し、開発スピードを上げてもらう。

            ainow.ai

             

            5.75才、もしくは認知症などの不安があればそれ以前に免許返納することを決め、その時期に合わせて断捨離をはじめ車がないと煩わしいいろいろな雑事をできるだけ片付けておく。

             

            6.まだ運転しても大丈夫な年齢のうちにできるだけドライブ旅行を愉しみ、自分で運転できなくなっても悔いが残らないようにしておく。

             

            くらいでしょうか…。

             

            我ながらあまりぱっとした対策が取れず残念ですが、あとはとにかく私が生きているうちに映画『マイノリティ・リポート』で描かれたような、自分で車を運転しなくてもどこにでも自由に行けるような世界が到来することを祈るばかりです。

            | Yuriko Goto | テクノロジー | 11:56 | - | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>
            + PR
            + SELECTED ENTRIES
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + PROFILE