ASIAN NOMAD LIFE

日本、香港、中国で生活・仕事をしてきてシンガポール在住8年目。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    憧れのメイドつき生活の厳しい現実
    0

      日本でも最近、外国人家政婦が解禁されましたが、ここシンガポールや香港では外国人の住み込メイドを雇い、女性が出産後も外で働き続けて、家事や子育ては丸投げするというライフスタイルがこれまで一般的でした。

       

      しかし、シンガポールをみる限り、最近この流れが少しずつ変わってきており、子供は保育園に預けて家事は家事代行サービス会社に、という人が周囲で多くなってきています。彼女たちがなぜメイド付き生活を止めたのか、また、止めないまでも非常にストレスフルな生活を送っているのか、いくつかケースをご紹介します。

       

      <ケース1>ミャンマー人メイドに変わって自分がメイドになってしまったケース

       

      フィリピン人メイドは英語が話せるのでメイドの中では最上ランク。給与が高いのにもかかわらず引っ張りだこでしたが、最近は小売店の販売員やレストランのウェイトレスなどの需要が高まり、なかなかメイドとして雇うことができません。

       

      ある日本人主婦のお宅でも長く働いてくれていたフィリピン人メイドが帰国してしまったためミャンマー人メイドに替えたのですが、この女性はミャンマーの田舎育ちで、和食など生まれてこのかた食べたことがなく、いくら教えても和食とは似ても似つかぬ味つけに。その上、掘立小屋のような田舎の家で育ったため清潔の概念がまったく違い、やはり何度掃除を繰り返してもあまりに汚くて我慢できないほど。

       

      結局、食事はすべて妻が作り、掃除も自分でせざるをえなくなったため、メイドの仕事がなくなりました。しかし契約は残っているため何もしないメイドの食事まで自分で作ることになり、自分がメイドのメイドになってしまった、という話。彼女は「もう二度とメイドは雇わない」と断言していました。

       

      <ケース2>マンションから一軒家に引っ越してメイドがいつかなくなってしまったケース

       

      以前同じマンションに住んでいたフランス人駐在員夫婦。夫が出世して住宅手当が上がり、念願のテラスハウスに引っ越したのですが、掃除面積が大幅に増えたため、これまで勤めていたメイドが「契約が違う」と辞めてしまいました。

       

      その後、メイド・エージェンシーから何人もメイドを紹介してもらったのですが、小学校低学年と幼稚園の子ども2人の世話に加えて料理・洗濯、3階建ての庭付きテラスハウスの掃除はのんびりペースの東南アジアメイドには荷が重すぎたらしく、次々と辞めてしまったそうです。

       

      結局、妻は仕事をパートタイムに切り替えて子供の面倒は自分でみることにし、掃除は外注サービスに。当初の目論見より収入が減ってしまい家計が大変だと嘆いていました。

       

      <ケース3>メイドに料理を教えるために自分で料理の勉強をしなければならなくなった超リッチファミリーのケース

       

      親が超リッチな夫婦。親からもらったシンガポールの高級住宅地の大邸宅に住んでいて、メイドは2人。

       

      建築雑誌に出てきそうなモダンなデザインの家で家具調度にもこだわっていますが、あまりにも大きすぎて2人のメイドが一日中掃除をしてもあちこちに汚れが目立ち、庭の手入れも行き届きません。さらにタイル張りの屋内プールまで掃除する余裕がないため飼い犬専用プールに。

       

      近所に住んでいる親夫婦がしょっちゅう遊びに来るので食事を作ってもてなさなければならないけれど、外国人メイドは親の口に合う中華料理を作れないため、自分が必死で料理を勉強して教える毎日。もともと料理などしたことなかったけれど、今になって「子供の頃おばあちゃんに教わっておけばよかった」とこぼしていました。

       

      これ以外にも、何を頼んでも反論してくる超反抗的メイドのためにストレスがたまって円形脱毛症になってしまったケースや、家族で旅行中にメイドが恋人や友人を連れ込んで連日パーティーをしていたことがわかりクビにするも逆恨みを恐れて家の鍵をすべて替えなければならなかったケース、契約満了で帰国時に「国の家族にもっていってあげたいから」と自分でケーキを焼きその中に貴金属を入れて盗んでいったメイドなど、メイドへの不満・愚痴話は尽きません(そしてこれがけっこう面白い)。

       

      シンガポールのみならず、香港やマレーシアでもメイド虐待の話がときどきニュースになりますが、ひどいなーとメイドに同情するいっぽうで、ここまでするからにはよほど腹に据えかねることでも続いていたのだろうか、と雇い主の心情にも思いをはせることがあります。

       

      いずれにせよ、メイドとはいっても給料という対価をもらって働いてくれる被雇用者であり、メイドを雇用する際は自分が雇用者としての責任を負い、メイド側も労働者として権利の主張をするのが当然と考えると、やはり、できるだけ家事も育児も家族で協力してやっていこうという方向が今後のシンガポールのトレンドかもしれません。

      | 後藤百合子 | シンガポール子育て | 11:57 | - | - |
      日本のデフレ状態をH&M子供服の値段で知る。
      0

        JUGEMテーマ:経済全般

        来週末から日本に帰国するにあたり、小3の娘の服をH&Mのネット通販で買うことにしました。

         

        もちろんシンガポールでも同じものは買えるのですが、こちらから持っていくと荷物になりますし、まとめて新しく買うことによりくたびれた服を捨ててワードローブを新調できます。去年は途中立ち寄った香港でまとめ買いをして「さすが消費税がない国はシンガポールより若干安いわ」と思ったものですが、サイズ感もわかったので今年はすべて日本のネット通販にしたところ、驚くほど日本の価格が安いことに気がつきました。

         

        比べてみたのは、10種類以上のバリエーションがあってシンガポールでも人気の「ジャージーノースリーブワンピース」。

        日本で買うと内税で599円。消費税8%ですので、商品価格はわずか556円です。

         

        これを各国のウェブサイトで比べてみると価格はばらばら。(税込み価格()内は日本円、消費税率、日本円での商品価格の順)

         

        シンガポール $8.95(737円)7% 689円

        香港 $49.9(702円) 0% 702円

         

        香港は安いと思っていましたが、消費税分を控除すると商品価格はシンガポールより高くなっています。不動産価格が高く販売経費がかかりますから、当然かもしれません。

         

        他のアジアの国々もみてみました。

         

        台湾 $199(736円) 5% 701円

        韓国 W9000(900円) 10% 818円

        中国 ¥39.9(690円) 17% 590円

        マレーシア RM24.9(692円) 6% 653円

        タイ B199(685円) 7% 640円

         

        なぜか台湾は香港、シンガポールと同じくらい高く、韓国は断トツでアジア一の高さ

         

        中国、マレーシア、タイでは税込み価格はほぼ横並びですが、やはり日本より高い。賃金を考えると中〜高級品の位置づけだと思います。また、消費税分を引くと中国の商品価格はだいぶ安くなっています。それでも日本より高い。

         

        一般的に世界の物価を比較するときに引き合いに出されるのは「ビッグマック価格」ですが、食品の場合、国によって農産物価格が違うためあまり参考にならないケースもあります。その点、ファストファッションの衣料品は生産コストはすべて同じですし、海上運賃も世界中それほど変わらないので、価格設定のキーになるのはその国の人々の購買力&販売コストに絞られてきます。

         

        そして上記の結果をみる限り、アジア主要国で一番物価が安いのは日本ということになります(アジアで人気のユニクロや無印良品もアジア各国では基本、日本国内よりかなり高い価格設定です)。

         

        アジア人観光客が買い物天国の日本をめざすのは当然ですが、このようなブランドと価格競争していかなければならない日本国内メーカーの利益が出ない→従業員の給料が上がらない→購買力が下がってさらにデフレに、というデフレ・スパイラルが解消されていないどころか、さらに悪化している現状にも目を向けざるをえません。

         

        もう一つ気がついたのは、欧米では日本並みの低価格だということ

         

        米国 $4.99(550円) ※州により税率異なり決済時に付加  550円

        スウェーデン Kr49.9(633円) 12% 565円

         

        恐らく世界最大の市場であろう米国とH&M発祥の地であるスウェーデンでは、日本と商品価格がほぼ同じ。

         

        しかし、これらの国ではGDPも順調に伸びており、特にスウェーデンは2015年4.52%、2016年3.24%、2017年2.4%と非常に高い成長率をキープしています。つまり、物価も賃金も下がっていくデフレ・スパイラルとは無縁な経済状況であるということです。当然、この成長にはH&Mの企業業績も寄与しているでしょう。

         

        「日本にはユニクロがあるじゃないか?」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、スウェーデンの人口は990万人。日本の人口の10分の1以下で、H&Mの売上はユニクロの1.4倍。

         

        また、この表を見るとわかりますが、アパレル業界4位以下には米国企業が多数入っており、日本の約2.6倍の人口をもつ米国企業の売上合計は約3倍。順位を下げればこの差はさらに広がっていくでしょう。

         

        結論を言うと、日本の経済低迷最大の問題は、ユニクロやMUJIのような世界で稼げるブランドが人口規模に比して非常に少ないということではないでしょうか?

         

        私はアベノミクス第三の矢はここにこそ的を当てるものと考えていましたが、そうでなかったことが明確になった現在、早急に経済対策の抜本的見直しが必要だと思います。

        | 後藤百合子 | 高齢化社会とビジネス | 12:43 | - | - |
        ユニクロのリラコをちょっとエッジーに着てみる。
        0

          前回に続き、ユニクロのリラコをシンガポールでヘビロテして着まわしているお話。

           

          50代になってきちんとした服やそれなりの値段のする服を滅多に買わなくなりました。

           

          一つは仕事で日本でお客さんに会う機会がほとんどなくなったこと(シンガポールではお客さんも日本のようにきちんとした服装はしていません)、もう一つはこれまでに買った服がたくさんあるので、それを着まわせば十分ローテーションできるからです。

           

          ただ、やはりたまには普段と違うお洒落もしたくなりますので、ちょっとしたものを買い足したり、着回しを変えたりしています。

           

          そこでもリラコ大活躍。

           

          この長めのチュニックはちょっと前にマラッカ旅行したときに買ったもの。ガーゼタイプのコットンでとても着やすいのですが、1枚で着るには短すぎ、スパッツを合わせると野暮ったくなってしまうので、リラコを合わせています。

           

          この赤いタンクトップはずいぶん前に買ったデザイナーズもの。鮮やかな朱赤は旧正月などに重宝。ただし重ね着用なので、牛模様のやはりユニクロのブラトップと黒のリラコでちょっとエッジを効かせつつ涼しく着ます。

           

          こちらは柄on柄。随分前に買ったシルクの花柄タンクトップにリラコを合わせて、薄手のカーディガンでまとめます。

           

          以前は1つ何か気にいったトップスを買ったとき、コーディネートするスカートやパンツを併せて買うのが普通だったのですが、それを続けているとどんどん服が増えてしまいますし、ちょっと体重が増えたり減ったりすると着られなくなってしまったりします。

           

          その点、重ね着・着回しができてゴムウエストのリラコはとっても便利。まだまだいろいろ使えそうです。

          | 後藤百合子 | 身軽な暮らし | 08:00 | - | - |
          年中真夏のシンガポールでユニクロのリラコがとても使えるというお話
          0

            JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

             

            「お洒落なステテコ」として数年前からユニクロのラインナップに加わったレーヨン素材のリラコ(一部コットンもあり)。

             

            「ルームウェア」という、どちらかというと下着に毛が生えたようなコンセプトの商品ですが、とにかく着ていて涼しいので、年中真夏のここ、シンガポールで私はけっこうヘビロテで外出着として使っています。

             

             

            こんな感じで、1年に2枚くらいずつ買い足してきたリラコを着回し。

             

            ポイントは2つ。

             

            カラフルなものに目がいきがちですが、こちらに視線がいくとステテコなのがばれてしまうので、できるだけ地味でシンプルなデザインなものを選ぶこと。

             

            もう一つはユニクロのTシャツを合せないこと。ユニクロのTシャツはコットンの質は悪くないですがデザイン性に欠けるので、私は通常、オーストラリアのCotton Onというファストファッション・ブランドのTシャツを合せます(ユニクロだったらUTのアーティストデザインはいいかも)。

             

            一応アイロンはかけていますが、引き出しにしまっておくだけでシワになりますし、着てもすぐにシワが寄るのであまり気にしません。

             

            近所の買い物や子どものお迎えだけでしたらこれで済ませますが、ちょっと街まで行くときはスカーフをプラス。

             

            南国らしく戸外は蒸し風呂、ビルの中は冷房強すぎが普通なので、けっこう実用的です。写真のスカーフはコットン製ですが、シルクのスカーフを合せても面白いです。

             

            Tシャツとリラコ併せても2,000円しないウルトラ・プチプライスで、50代の私が着てもたいしてみすぼらしく見えないのは、素材がそこそこいいからだと思います。ユニクロ最大の強みはやっぱり素材ですね。

             

            東京や大阪など、日本の大都市の真夏はシンガポールより暑いですから、リラコ、もっともっと活用してもいいんじゃないでしょうか。

            | 後藤百合子 | 身軽な暮らし | 12:16 | - | - |
            シンガポールの景観がこれから20年くらいで全く変わってしまいそうであること。
            0

              JUGEMテーマ:経営のヒントとなるニュースを読み解く

               

              ここのところシンガポールの住宅地で頻繁にみかけるようになったが、この電動ヴィークル。​(写真はFalcon Mobility社HPより)

               

              ちょうど1年前にご紹介した立ち乗りするタイプの電動スクーターは若者向けにますます増えていますが(一部の大学キャンパスではシェアサービスも始まっているようです)、こちらは座るタイプで主として高齢者向け。

               

              車椅子のように押してくれる人が要らないだけでなく、バスや地下鉄などの公共交通機関でも補助板さえあれば簡単に自分で乗り込めます。

               

              けっこうスピードも出るので青信号の時間が短い交差点でも高齢者が安心して渡れますし、コンパクトなためマーケットなど人ゴミの中にも平気で入っていけます。価格も日本円で10万円強とリーゾナブル。

               

              高齢者ががくっと老けこむのはやはり足腰が弱って自力で外出ができなくなる時ですので、このようなヴィークルの出現で行動制限がなくなれば健康維持のためにも良いと思いますし、買い物代行サービスなどを使わなくても自分で買い物に出かけられるのもメリットです。

               

              私もまだ高齢者ではないですが、食料品の買い出し後10分ほど歩いて家に帰るのがつらいなーと常々感じていますので、そのうち買い物用に1台買ってもいいかなと考えていました。

               

              そんな時に読んだのが、中島聡さんのこの記事

               

              「シェアリング・エコノミー」と「パーソナルな空間の両立」を考えると、今後の交通機関は、小型のパーソナル・モビリティが大型のパブリックな大型の自動車に入れ子のように入っていく形態になっていくのでは、というアイディアでした。確かに、上記のような座席型の乗り物が椅子がないバスのような乗り物の中に入っていくことを考えると非常に自然な感じがします。

               

              シンガポールでは将来的に地下を何層ものトンネル構造にし、車や交通機関は地下に、歩行者や自転車などは地上にという都市計画をもっているのですが、例えば、このような電動ヴィークルがバス停のようなスポットに据え付けられた穴から地下に降りていき、スマホであらかじめ設定しておいた目的地に行く大型の自動車に自動的に乗り込んで乗り換えスポットもすべて自動的に選択。また穴を通って地上に出て少し距離を移動して目的地に到着、というようなイメージが非常にリアルに浮かびます。

               

              シンガポールのような小さな都市国家ですと比較的簡単にこのような実験が始められ、あっという間に現在の車社会からこのようなパーソナル・ヴィークルの社会に変わってしまうような気がします。

               

              アメリカの都会で自動車が普及し始めてから馬車が消えるまでの時間はわずか10年余りだったと言われます。

               

              地下道路整備などの時間も考えると10年というわけにはいかないかもしれませんが、少なくとも20年後にはシンガポールの地上を現在占拠している車やバス、そして道路は消えているような気がしてなりません。

              | 後藤百合子 | テクノロジー | 15:09 | - | - |
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << July 2018 >>
              + PR
              + SELECTED ENTRIES
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + MOBILE
              qrcode
              + PROFILE