ASIAN NOMAD LIFE

ライフスタイルブログはこちら。https://www.mrs-lowe.com/
源ちゃんはいつだって優しかった。〜 追悼:橋本治
0

    1月29日の訃報に接してから、ずっと橋本治さんの著作を読み続けています。

     

    日本に戻れば自宅に紙の本がたくさんあるのですが(シンガポール移住の際に本の大半は処分したのですが、橋本さんをはじめごくごく少数の著者の本だけは手放せず残してあります)、手元のKindleに入っているものだけでもとても数日では読み切れません。

     

    橋本さんの訃報にはもれなく「『桃尻娘』の著者」という枕詞が添えられていましたが、『桃尻娘』が小説現代新人賞の佳作に選ばれたのは1977年のこと。40年以上も前のデビュー作であり、その後の膨大な数の著作活動を考えると「いまさら『桃尻娘』はないだろう」感じたのですが、それだけこの小説が斬新で一般の印象に強く残るものだったのでしょう。

     

    偶然ですが、私はこの小説の最初の読者の一人です。当時父が小説現代を購読していて居間に置いてあるのをたまたま読んだのです。当時私は中学生で、主人公をはじめ主要登場人物は高校生。ちょっとだけ年上の主人公のモノローグの展開は、それまで現代文学といえば、北杜夫や星新一や筒井康隆など父と同世代以上の作家たちの本しか読んだことがなかった少女には腰が抜けるほど新鮮でした。

     

    たぶんその数か月後だと思いますが、小説現代のグラビアに作者の橋本治さんが自分で編んだセーターを着て登場していました。顔や雰囲気はとび職のお兄さんみたいでしたが、写楽の絵やデヴィッド・ボウイの顔つきのセーターの数々に圧倒され、さらにファンになります。

     

    が、新作はなかなか出ない。少女漫画批評の『花咲く乙女たちのキンピラゴボウ』(これで大島弓子がぐっと身近になりました)くらいしか書いてくれない。しかし私が大学に入って辛抱強く待っていると、桃尻娘は若干遅れて同じ大学に入学してきてくれるし、少しずつですがいろいろなジャンルの雑誌でも橋本さんのエッセイを目にするようになってきました。ちょうど私が雑多な雑誌を読むようになったのに合わせてくれたかのように。

     

    桃尻娘シリーズは新作が出るたびに読み続けて、登場人物たちは私にとってほぼ実在の同級生たちみたいな存在になってしまったけれど、その中でも一番好きだったのがオカマの源ちゃん、瓜生小僧の木川田君です。

     

    源ちゃんは作者自身の投影なんだろうなーとずっと私は感じていてたぶんそれは正しいのですが、冒頭の写真の『恋愛論』はそんな橋本さん自身の恋愛体験について話していることをまとめた本です。決していわゆるハッピーエンドではないのですが、人を好きになるというのはこういうことで、必ずしもハッピーエンドにならなくてもよいのだ、と教えてくれます。

     

    『桃尻娘』シリーズや『恋愛論』にも共通しますが、橋本さんの小説にも評論にも、すべてに共通するのは悩んだり行先に迷ったりしている同時代人たちに対する温かい眼差しとどこまでも優しい言葉。 源ちゃんや人生相談の相談者たち同様、同時代の日本社会で生きにくさを感じながらもそこで生き続けていくことを余儀なくされている私たちに、「こう視点を変えてみれば少しはラクになるかも」というアドバイスを送り続けてくれたのだと思います。

     

    バブル時代に「この状況はなんかおかしい」を実証しようとして巨額の借金を抱えてしまい、亡くなる直前までその返済のために癌や難病と共生しつつ膨大な量の原稿を書き続けてきた橋本さん。「私生活なんかない」と本人が言っているように、書くことだけにすべての時間を使ってくれた橋本さんの仕事のおかげで、私を含めた大多数の読者たちが少し癒され、少し元気を出し、少しずつ年を重ねてこられたのだろうと思います。

     

    つい最近『九十八歳になった私』を読み終えて、「橋本治が98歳まで生きててくれるんだからまだまだ私も大丈夫だな」と安堵していた矢先の訃報は本当にショックでしたが、すでに読んだことのある著作を再読してもその言葉は常に新鮮ですし、『双調 平家物語』はじめ未だ読めていない本もたくさんありますので、これからも死ぬまで橋本治の著作を読み続けたいと思います。

    | Yuriko Goto | 老いと向き合う | 15:01 | - | - |
    平均寿命でなく死亡年齢から考えるシニアライフの生活設計
    0

       

      2015年の死亡数からみた、日本人が何歳まで生きるかの統計数字。

      (資料 厚生労働省「人口動態統計」)

       

      男性の場合、

      65% 3人に2人が 75歳以上まで生きる。

      50% 2人に1人が 80歳以上まで生きる。

      31% 3人に1人が 85歳以上まで生きる。

       

      女性の場合、

      73%  4人に3人が 80歳以上まで生きる。

      58%  5人に3人が 85歳以上まで生きる。

      36%    3人に1人が 90歳以上まで生きる。

       

      最新の統計数字はもうすぐ発表されるはずですが、ある専門家からうかがった話では、今年相当な数字の改善があったようです。

       

      これに対し、健康寿命は改善はあったものの依然として低い数字にとどまっていて、平均が男性では72.14歳、女性では74.79歳。85歳以上では健康上の理由で日常生活に支障がある方の割合が50%を超えます

       

      リタイア後の人生設計を考える場合、平均寿命で考えがちですが、男女ともに少なくとも3人に1人が到達する年齢水準(平均寿命より男性は4歳以上、女性は3歳以上上ぶれ)を基準とし、平均健康寿命以降を働いて収入を得ることができない期間として考えると、より現実的な計画がたてられると思います。

      | Yuriko Goto | 老いと向き合う | 15:40 | - | - |
      老後にお金がなくても幸せな条件
      0

        JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

         

        先週金曜日から3日間、旧正月の三連休で普段より忙しい日々を過ごしていました。

         

        日本も最近は随分変わりましたが、シンガポールでは日本の以前のお正月と同じく、正月期間中には家族や親せきを呼んで食事をしたり、こちらから訪ねていくのが普通です(これは華人だけでなく、マレー系やインド系のお正月にあたる祭日でも同じです)。

         

        レストランやホーカーと呼ばれる屋台はほとんど休みになるか、営業しているところは非常に混雑して予約が取りにくくなるため、たいてい家で家族や来客用のご馳走を用意します。特に最近は親世代がみな80代を超えてきて大人数分の食事の準備が難しくなっているため、私もお正月用に料理したり、お菓子を作ったりと休み前から準備に励んでいました。

         

        夜はこうして毎日、家族(義理の父母と兄弟たち一家)と食事ですが、昼は父母の兄弟たちの家を回って、みかんを交換して近況を報告しあい、子どもはお年玉をもらいます。結婚した頃は毎年、10軒近く回っていたのですが、父方の兄弟がここ数年でほとんど亡くなってしまったため、今年は母方の伯(叔)母たちだけ。一人だけ存命の父方の叔母のところにも行こうとしたのですが、日曜日の都合を聞いたところ「その日は仕事で夜10時までいないから」と断られてしまいました。

         

        この叔母はちょうど80歳を少し超えたところなのですが、若いときからずっと飲食業界で働いています。

         

        子どもがおらず生活も余裕があるわけではありませんが、ちょっと年下の叔父ととても仲が良く、いつも大きなバイクに2人乗りで移動し、休みにはタイやベトナムなどへの旅行も楽しんでいるようです。早口でよく喋り、とても明るく元気な女性で、実際の年より随分若く(70代くらいに)見えます。

         

        もちろん年が年ですので体も不調なところはあるのでしょうが、同年代の他の叔母たちと比べても病気や体調不良の話を聞くことは少なく、大病をしたという話も聞きません。もし仕事を辞めてしまったらこの叔母がどんな生活をするのか、想像もつかないのです。

         

        昨年から今年にかけて、アメリカン・エアラインズの82歳の世界最年長客室乗務員ベット・ナッシュさんが脚光を浴びたり、シンガポールでも現役マクドナルド従業員ゴウさんが90歳で亡くなったりと、高齢ワーキングウーマンのニュースが注目を集めました。

         

        日本でも少し地方へ行くと、工場やお店などで70代、80代の方々(特に女性)が元気に働いているのは珍しくなくなりましたが、少子高齢化社会が進む今後はさらにこの傾向が強くなり、夫の叔母のように80代でも若い人たちと肩を並べて働き続ける方が増えていくのではないかと思います。

         

        お正月の親戚周りをしていて感じたのは、足が悪くなり、毎日テレビを観るくらいしかすることがなくなると、人間は一気に老けこむなということ。動かなくなるとだんだん知覚も鈍ってきますので、本人もつらいだろうと察します。

         

        体を動かせるうちはできるだけ動かして自分のペースで働き、社会に貢献して自分の生活も自分で賄えることのほうが、老後のためにと貯蓄に励み、早いうちから悠々自適の(何もしない)引退生活に入るより幸せなのではないかと、親世代が人生の最終段階に差し掛かってきた今年は特に強く感じました。

        | Yuriko Goto | 老いと向き合う | 15:51 | - | - |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        2425262728  
        << February 2019 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE