ASIAN NOMAD LIFE

日本、香港、中国で生活・仕事をしてきてシンガポール在住8年目。
平均寿命でなく死亡年齢から考えるシニアライフの生活設計
0

     

    2015年の死亡数からみた、日本人が何歳まで生きるかの統計数字。

    (資料 厚生労働省「人口動態統計」)

     

    男性の場合、

    65% 3人に2人が 75歳以上まで生きる。

    50% 2人に1人が 80歳以上まで生きる。

    31% 3人に1人が 85歳以上まで生きる。

     

    女性の場合、

    73%  4人に3人が 80歳以上まで生きる。

    58%  5人に3人が 85歳以上まで生きる。

    36%    3人に1人が 90歳以上まで生きる。

     

    最新の統計数字はもうすぐ発表されるはずですが、ある専門家からうかがった話では、今年相当な数字の改善があったようです。

     

    これに対し、健康寿命は改善はあったものの依然として低い数字にとどまっていて、平均が男性では72.14歳、女性では74.79歳。85歳以上では健康上の理由で日常生活に支障がある方の割合が50%を超えます

     

    リタイア後の人生設計を考える場合、平均寿命で考えがちですが、男女ともに少なくとも3人に1人が到達する年齢水準(平均寿命より男性は4歳以上、女性は3歳以上上ぶれ)を基準とし、平均健康寿命以降を働いて収入を得ることができない期間として考えると、より現実的な計画がたてられると思います。

    | 後藤百合子 | 老いと向き合う | 15:40 | - | - |
    老後にお金がなくても幸せな条件
    0

      JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

       

      先週金曜日から3日間、旧正月の三連休で普段より忙しい日々を過ごしていました。

       

      日本も最近は随分変わりましたが、シンガポールでは日本の以前のお正月と同じく、正月期間中には家族や親せきを呼んで食事をしたり、こちらから訪ねていくのが普通です(これは華人だけでなく、マレー系やインド系のお正月にあたる祭日でも同じです)。

       

      レストランやホーカーと呼ばれる屋台はほとんど休みになるか、営業しているところは非常に混雑して予約が取りにくくなるため、たいてい家で家族や来客用のご馳走を用意します。特に最近は親世代がみな80代を超えてきて大人数分の食事の準備が難しくなっているため、私もお正月用に料理したり、お菓子を作ったりと休み前から準備に励んでいました。

       

      夜はこうして毎日、家族(義理の父母と兄弟たち一家)と食事ですが、昼は父母の兄弟たちの家を回って、みかんを交換して近況を報告しあい、子どもはお年玉をもらいます。結婚した頃は毎年、10軒近く回っていたのですが、父方の兄弟がここ数年でほとんど亡くなってしまったため、今年は母方の伯(叔)母たちだけ。一人だけ存命の父方の叔母のところにも行こうとしたのですが、日曜日の都合を聞いたところ「その日は仕事で夜10時までいないから」と断られてしまいました。

       

      この叔母はちょうど80歳を少し超えたところなのですが、若いときからずっと飲食業界で働いています。

       

      子どもがおらず生活も余裕があるわけではありませんが、ちょっと年下の叔父ととても仲が良く、いつも大きなバイクに2人乗りで移動し、休みにはタイやベトナムなどへの旅行も楽しんでいるようです。早口でよく喋り、とても明るく元気な女性で、実際の年より随分若く(70代くらいに)見えます。

       

      もちろん年が年ですので体も不調なところはあるのでしょうが、同年代の他の叔母たちと比べても病気や体調不良の話を聞くことは少なく、大病をしたという話も聞きません。もし仕事を辞めてしまったらこの叔母がどんな生活をするのか、想像もつかないのです。

       

      昨年から今年にかけて、アメリカン・エアラインズの82歳の世界最年長客室乗務員ベット・ナッシュさんが脚光を浴びたり、シンガポールでも現役マクドナルド従業員ゴウさんが90歳で亡くなったりと、高齢ワーキングウーマンのニュースが注目を集めました。

       

      日本でも少し地方へ行くと、工場やお店などで70代、80代の方々(特に女性)が元気に働いているのは珍しくなくなりましたが、少子高齢化社会が進む今後はさらにこの傾向が強くなり、夫の叔母のように80代でも若い人たちと肩を並べて働き続ける方が増えていくのではないかと思います。

       

      お正月の親戚周りをしていて感じたのは、足が悪くなり、毎日テレビを観るくらいしかすることがなくなると、人間は一気に老けこむなということ。動かなくなるとだんだん知覚も鈍ってきますので、本人もつらいだろうと察します。

       

      体を動かせるうちはできるだけ動かして自分のペースで働き、社会に貢献して自分の生活も自分で賄えることのほうが、老後のためにと貯蓄に励み、早いうちから悠々自適の(何もしない)引退生活に入るより幸せなのではないかと、親世代が人生の最終段階に差し掛かってきた今年は特に強く感じました。

      | 後藤百合子 | 老いと向き合う | 15:51 | - | - |
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE