ASIAN NOMAD LIFE

ライフスタイルブログはこちら。https://www.mrs-lowe.com/
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    暮らしやすい街は成長が終わってさびれた街?
    0

      特に旅好きというわけでもないのに、これまで縁あってアジアや中東やヨーロッパ、アメリカなどの国々などを旅してきました。中には「こんな所に住んでみたいな」と感じる街も少なくありませんでしたが、身体は一つなので実際に住み心地を実感してみることのできる街の数は限られます。

       

      シンガポール生活10年目、石垣島生活3年目の身としては、年中暑くて湿気の多い気候に体が慣れきってしまっているので、寒くて乾燥した街には住みたくないなと思いますが、シンガポール出身でバンクーバー在住23年の夫の従姉は、シンガポールはじめ東南アジアの国々は湿気が多すぎて住むに耐えないと言い切ります。

       

      しかし昨年、アジア人の憧れの街の一つで、「住みやすい街ランキング」の上位常連だったそのバンクーバーも3位から6位に転落。逆に大阪と東京がそれぞれランク外から3位と7位に浮上。1位は音楽の都、ウィーンという結果になりました。

       

      前述の従姉によると、バンクーバーは長年の人気のため不動産価格が高騰し、庶民の手が届かない価格になってしまったそう。そこで、彼女の息子や娘など、今どきの若者たちの夢は不動産が安いロサンジェルス移住なのだそうです。

       

      そんな視点からみると、ウィーンや大阪や東京など、すでにめざましい経済成長や都市発展の段階がピークを過ぎ、どちらかというと「過去の街」であること、政治、経済、文化などの面で時代の最先端を走り、華やかな注目を集める街でなかったりすることが「住みやすい街」の一つの条件であるような気がします。

       

      「過去の街」が高ポイントなのは、過去の遺産である減価償却済の道路や地下鉄や公共施設などの都市インフラを低料金で使用できる反面、あくせく働いて敢えて新たにお金のかかるプロジェクトに投資する必要がないという、ある意味肩の力を抜いて暮らせる脱力感のおかげかもしれません。

       

      私はこれまで大きな街に3度住み替えてきました。

       

      最初はバブル前の東京。次が中国返還前の香港。そして1人あたりGDPが日本を超える前のシンガポール。

       

      いずれの場合も住み始めてしばらくしてから急速な発展が始まりました。街は世界中からの注目を浴びて驚くべきスピードできらびやかになっていきましたが、住みやすさという点では逆に悪化していきました。

       

      人が多くなり、物価が高くなり、人々はいつもお金を稼ぐのに必死で、人間関係がぎすぎすしていきます。

       

      特に、ひと昔前の南国らしいのんびりした空気が好きで「あんなところだったら住んでもいいな」と夫とともにシンガポールに移住した(夫はUターン)身としては、現在のあまりにも発展してしまったシンガポールは計算外。数か月に一度は石垣島に帰ってのんびりしたり、マレーシアや東南アジアの田舎に旅行したりしないと息が詰まってしまいます。

       

      こちらは、ベルリンの不動産サイトが作成した「ミレニアム世代が住みやすいランキング」というちょっと珍しいランキングを解説したサイト。

      tabizine.jp

      1位アムステルダム、2位ベルリン、3位ミュンヘン、4位リスボン、5位アントワープと、やはりエッジーというより少し落ち着いた街が好まれるようです。

       

      特に若い人たちにとって重要な物価の面からみても、国際的な大企業や国際機関が本社や本部を構えるような街、新しい都市インフラにどんどん投資しているような街は、却って住みやすくないのでしょう。

       

      これはリタイア世代でも同じかもしれません。

       

      衛生や健康維持の観点から、あまりにも「これから」の街は敷居が高すぎますし、発展・成長真っただ中でぎらぎらしている街もエネルギーについていくのがたいへん。ピークをちょっと過ぎて、「さあ、これからだ!」と気炎を上げる人たちが去った後にこそ、人々の暮らしにやさしい街が残されるのではないでしょうか。

       

      早くシンガポールもそうなってくれないかな、と密かに願っています。

       

      | Yuriko Goto | 身軽な暮らし | 12:09 | - | - |
      ユニクロのリラコをちょっとエッジーに着てみる。
      0

        前回に続き、ユニクロのリラコをシンガポールでヘビロテして着まわしているお話。

         

        50代になってきちんとした服やそれなりの値段のする服を滅多に買わなくなりました。

         

        一つは仕事で日本でお客さんに会う機会がほとんどなくなったこと(シンガポールではお客さんも日本のようにきちんとした服装はしていません)、もう一つはこれまでに買った服がたくさんあるので、それを着まわせば十分ローテーションできるからです。

         

        ただ、やはりたまには普段と違うお洒落もしたくなりますので、ちょっとしたものを買い足したり、着回しを変えたりしています。

         

        そこでもリラコ大活躍。

         

        この長めのチュニックはちょっと前にマラッカ旅行したときに買ったもの。ガーゼタイプのコットンでとても着やすいのですが、1枚で着るには短すぎ、スパッツを合わせると野暮ったくなってしまうので、リラコを合わせています。

         

        この赤いタンクトップはずいぶん前に買ったデザイナーズもの。鮮やかな朱赤は旧正月などに重宝。ただし重ね着用なので、牛模様のやはりユニクロのブラトップと黒のリラコでちょっとエッジを効かせつつ涼しく着ます。

         

        こちらは柄on柄。随分前に買ったシルクの花柄タンクトップにリラコを合わせて、薄手のカーディガンでまとめます。

         

        以前は1つ何か気にいったトップスを買ったとき、コーディネートするスカートやパンツを併せて買うのが普通だったのですが、それを続けているとどんどん服が増えてしまいますし、ちょっと体重が増えたり減ったりすると着られなくなってしまったりします。

         

        その点、重ね着・着回しができてゴムウエストのリラコはとっても便利。まだまだいろいろ使えそうです。

        | Yuriko Goto | 身軽な暮らし | 08:00 | - | - |
        年中真夏のシンガポールでユニクロのリラコがとても使えるというお話
        0

          JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

           

          「お洒落なステテコ」として数年前からユニクロのラインナップに加わったレーヨン素材のリラコ(一部コットンもあり)。

           

          「ルームウェア」という、どちらかというと下着に毛が生えたようなコンセプトの商品ですが、とにかく着ていて涼しいので、年中真夏のここ、シンガポールで私はけっこうヘビロテで外出着として使っています。

           

           

          こんな感じで、1年に2枚くらいずつ買い足してきたリラコを着回し。

           

          ポイントは2つ。

           

          カラフルなものに目がいきがちですが、こちらに視線がいくとステテコなのがばれてしまうので、できるだけ地味でシンプルなデザインなものを選ぶこと。

           

          もう一つはユニクロのTシャツを合せないこと。ユニクロのTシャツはコットンの質は悪くないですがデザイン性に欠けるので、私は通常、オーストラリアのCotton Onというファストファッション・ブランドのTシャツを合せます(ユニクロだったらUTのアーティストデザインはいいかも)。

           

          一応アイロンはかけていますが、引き出しにしまっておくだけでシワになりますし、着てもすぐにシワが寄るのであまり気にしません。

           

          近所の買い物や子どものお迎えだけでしたらこれで済ませますが、ちょっと街まで行くときはスカーフをプラス。

           

          南国らしく戸外は蒸し風呂、ビルの中は冷房強すぎが普通なので、けっこう実用的です。写真のスカーフはコットン製ですが、シルクのスカーフを合せても面白いです。

           

          Tシャツとリラコ併せても2,000円しないウルトラ・プチプライスで、50代の私が着てもたいしてみすぼらしく見えないのは、素材がそこそこいいからだと思います。ユニクロ最大の強みはやっぱり素材ですね。

           

          東京や大阪など、日本の大都市の真夏はシンガポールより暑いですから、リラコ、もっともっと活用してもいいんじゃないでしょうか。

          | Yuriko Goto | 身軽な暮らし | 12:16 | - | - |
          断捨離でまず捨てるべきは本であると思う理由
          0

            アメリカではNatiional Book Weekだそうで、Facebookでアメリカ在住の友人が「今手近にある本の56P目の5番目の文を書いてね」というお題を送ってくれました。

             

            私は子供の頃からの読書好きでずっと本に囲まれた生活を送ってきましたが、現在の読書といえばほぼすべてKindle。Kindleには本のどこまでを読んだかをパーセンテージで表示する機能はありますが、ページ番号はありません。

             

            うーん、答えられない。

             

            結局、手近にあったのは料理本と英単語の問題集くらいだったので、料理本を開いて何とか5番目の手順を書いて送りました。

             

            私が大量の紙の本とほぼ決別したのは、シンガポールに引っ越した8年前。それまでの数十年間はどこに引っ越すにも数台の本棚と大量の本と一緒でした(香港に4年弱住んだときはさすがに本はほとんど日本に置いていきましたが、辞書類だけはスーツケース1つ分を持っていきました)。

             

            おまけに本というのは年々増えていくいっぽうです。下手にブックオフなどに行こうものなら、売った本以上の数の本を買ってきてしまう惨事に。地震で本棚が倒れて大変な目に遭ったことも一度や二度ではありません。

             

            しかしこちらにはそれだけの本を置くスペースが絶対的に不足していたため、辞書類とミカン箱の大きさの段ボール10個分を残し意を決してすべて処分しました。

             

            段ボール10個分は全集や哲学の専門書など老後の楽しみに取っておこうと決めたので日本に置きっぱなし。辞書類はどうしても捨てられなくてシンガポールに持ってきましたが、2年ほど前にやはりほとんどを捨て、現在は広辞苑など厳選6冊しかありません。

             

            以前は本だけで引っ越し荷物の半分以上を占めていたことを考えると単純に考えても半減です。

             

            また昔の仕事で使ったファイルや名刺、学生時代の文集や写真アルバムなども大量処分。まだ若干写真が残っていますが、これもプラスティックケースに入れてあるだけなのでいつでも捨てられます。絶対に残すと決めているのは娘が生まれたばかりの頃の写真くらい。

             

            こうして紙類を整理すると驚くほど生活が身軽になります。

             

            衣類などは放っておいても体に合わなくなっていきますし、歳を取ると若いときほど新しい服や靴などが欲しくなくなりますのでときどき整理するだけでだんだんと減っていきます。食器や調理器具は割れたり壊れたりしてやはり自然減になりますし、本や雑誌は基本を電子書籍にすれば増えることはありません。写真やビデオ、CDも同じ。手紙や葉書もどうしても残したいものは写真に撮って保存し元は捨てます。

             

            以前はこういうものもなかなか捨てられずにとっておくことが多かったのですが、大量に本を捨てたことをきっかけに(どうしてもまた読みたくなったものはKindleで買い直しています)捨てることができるようになりました。

             

            その理由を考えてみるに、本というのはやはり人生の節目節目で重要な決断をしてきたときの助けとなっていたり、実際の当時の自分の体験を小説などに投影させて読んできたために自分の一部分のような感覚をもっているものだと思うのです。それを捨てることにより過去の自分自身と決別し、未来に向けて脱皮し身軽になっていく意思をより明確にもてるようになるのではないでしょうか。

             

            私は意識して断捨離を実行したことはありませんが、ここ数年、ときどき思いたっていろいろなものを処分するようになりました。子供用品は引き取ってくれる方もいますが、自分のものはたいてい捨ててしまいます。捨てた場所をきれいに掃除すると不思議と以前のようにまた買いたいという気持ちは起きなくなります。

             

            それもこれも、やはり大量の本を捨て自分にとって大切だと思いこんでいたものを捨てることの心地良さを知ったからではないかと思うのです。

             

            目下の課題はいまだに捨てられていない着物をどう処分するかと、私が捨てたものを「もったいない、まだ使える」とまた拾ってきてしまいこむ夫の習性。我が家の断捨離の最大の障害は夫かもしれません。

            | Yuriko Goto | 身軽な暮らし | 21:07 | - | - |
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << August 2019 >>
            + PR
            + SELECTED ENTRIES
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + PROFILE