ASIAN NOMAD LIFE

ライフスタイルブログはこちら。https://www.mrs-lowe.com/
生命保険の見直しは50代で。〜 『生命保険はヒドい。騙しだ』副島隆彦著
0

     

    経済評論家である著者が65歳で生命保険契約更新をしようと思ったら、いきなり5万6千円の掛け金が16万3千円になると言われてぶち切れ。いろいろ調べて保険会社相手に戦うお話です。

     

    生命保険のことはまったく知りませんでしたが、たいへん勉強になりました。

     

    著者は25年間生命保険に入っていたものの、その大部分(4800万円)が「定期特約」という掛け捨てで、68歳までに死ぬか更新して約3倍になる保険金を支払い続けないとこの部分の保障はゼロに。それ以降も残る主契約である終身部分は80歳の満期で100万円、65歳の現在解約したら80万円だけが戻ってくると告げられます。

     

    65歳の現在、死亡したら5千万円の保険金が妻に残されますが、日本人の65歳までの死亡率は1%。「65歳だと100人に1人しか死なない」、つまり保険会社の丸儲けになると著者は主張します。

     

    といっても、保険会社はそれをまるまる懐に入れてしまうわけではありません。満期になったら返還される「積み立て金」という部分が、著者の掛け金月額5万6千円のうち1万7千円。ところが、この部分も過去3回行った「契約の転換(見直し)」ごとに取り崩されたためほとんど残っておらず、返戻金(へんれいきん)はゼロ、配当金はたった2万8千円。

     

    確かにあまりにも理不尽。著者が激昂する気持ちもよくわかります。

     

    しかし、支払ってきた1,300万円ほどの掛け金が100万円程度しか戻ってこない(後半にはこれすら戻ってこない可能性があると判明)という事実に筆者が気がついても後の祭り。契約書にサインしてしまっているのです。

     

    賢い人は、終身保険の部分が500万円ぐらいあって、55歳で掛け金を支払い終了にしても500万円だけは、死んだときに確実にもらえるものにしている。だから「 終身もらえる保険金」なのだ。

     

    と著者が嘆くように、最初に主契約をいくらにするか、そして何歳で保険を止めるかで支払額と払戻額の額が大幅に違ってくるそうです。が、そうすると保険会社の利益が減ってしまうので、主契約部分をできるだけ少なく、定期保険(掛け捨て)部分を多くしようと保険レディは勧めるのです(著者によれば)。

     

    さらに筆者は2017年11月23日号『女性セブン』に掲載された、泉ピン子(70歳当時、以下同)、橋田壽賀子(92歳)、黒柳徹子(84歳)の生命保険トークを紹介。泉ピン子さんは終活で生命保険を解約した理由を、夫に保険金を残す必要性がないからと話します。

     

    同時に記事中では、「生命保険の見直しは70歳では遅すぎる」とファイナンシャル・プランナーの言葉も紹介。

     

    子供が成人後、50代で生命保険を見直して保険料を減らし、「定期保険特約付き終身保険」の終身部分のみ残して定期保険部分は解約する(子どもが独立している場合はすべて解約するのもあり)のがいいとアドバイス

     

    確かにピン子さんやファイナンシャル・プランナーの方が言う通りで、自分が死んでも困る人がいないのに漫然と保険金を払い続けていると、老後の備えに回すお金が減るばかり。貴重な収入は、死んでからもらえるお金より、生きている間に自分が必要なお金に回すのが本筋です

     

    私自身は、40歳半ばまで子供がおらず生命保険に入る必要がなかったのと、保険レディが親しい知り合いにいなかったことが幸いして、生命保険とはあまり縁がありませんでした。

     

    これまでに買ったのは、社長時代に銀行から勧められて入った積み立て型の生命保険(支払った保険料が会社の経費に算入できて解約すると最大で95%ほどが払い戻される)と、現在入っているやはり銀行が販売する貯蓄型の生命保険(一時払いで5年後から引き出し金がプラスとなり、20年間で掛け金が約2倍になる予定)のみ。

     

    正直なところ、保険会社の分厚い説明書をもらっても何のことを言っているのかまったくわかりませんし、読む気にもなれません。ただ、解約したときにいくら戻ってくるのか(この本で「返戻金」と呼ばれるものだと思います)慎重に確認し、それを基準に商品を選んできました。

     

    とはいえ、本当に大丈夫なんだろうかと改めて怖くなったのも事実

     

    いずれにせよ、50代以上で老後に向けて貯蓄しなければならない私たち世代が、目的がないままに生命保険の掛け金を払い続けるのは確かにムダだと思います。ムダな保険金を払うならその分を投資に回して、インフレになっても目減りしないように考えるほうが良いのではないでしょうか

     

    自分が現在入っている保険を再検討するための機会として、著者の体験は大変貴重だと思います。

    | Yuriko Goto | リタイア後の資産形成 | 17:07 | - | - |
    積み立て型外貨建て生命保険は本当に危険なのか?
    0

      先月末のダイヤモンド・オンラインに「金融庁で生保への「嫌悪感」高まる、外貨建て・節税保険めぐる攻防で」という記事が掲載されていました。

       

       記事の骨子は、一部の生保会社や銀行などで販売されている貯蓄性保険について金融庁が不快感をもっており、投信なみの商品説明や自主的な販売停止を求めている、という内容です。

       

      国による前代未聞の低金利政策で存亡の危機に立たされている生保や銀行は必死の抵抗をしているようですが、ネット上の記事を拾い読みしても、どうもこの「積み立て型外貨建て生命保険」の評判はよろしくないようで、引き出したいのに円高で含み損を抱えてしまうケースや、手数料や管理費が高すぎて実際に手元に入る金額が少なくなってしまったケースを紹介するなど、恐怖を煽るようなものが目立ちました。

       

      しかし、アメリカをはじめとして積み立て型生命保険はリタイア準備の資産形成の一つとして根強い人気をもっていますし、シンガポールでも銀行から真っ先に薦められる商品の一つ。アセット・アロケーションでは1/3程度を目安にするのが一般的なようです。 

       

       私自身もセミリタイア後に口座を作ったDBS銀行でまず勧められて購入したのが、USドル建ての積み立て型保険でした(シンガポールドル建てですが夫もやはり積み立て型生命保険にかなり以前から入っています)。

       

       

      シンガポールに住んでいるんだからUSドルでも大丈夫だろう、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、事情はちょっと違います。シンガポールドルの為替変動はユーロの動きに近いため、日本円と同じく対USドルの価値は変動します。調べてみたところ、この10年だけでも最大で23%近くの変動がありました。

       

      それでもなぜUSドル(外貨建て)の積み立て型生命保険を買うのか?

       

      最大の理由は、リターンが大きいからです。

       

      レバレッジをかけているせいもありますが、銀行からもらった非公式の目論見書によると、私が買った生命保険は20年、73歳まで解約せずにおいておくと年利約6.9%になる予定です。日本ほどではないにせよ同じく低金利のシンガポールドルでは逆立ちしてもこのような高利回りは期待できません。

       

      もう一つの理由は、資産をシンガポールドルだけでもつのは危険、という感覚があるからです。

       

      私たち夫婦の資産のかなりの部分を占めているのは現在住んでいるマンションですが、これはシンガポールにあるため、いざという時に売ってもその対価はシンガポールドルです。

       

      万が一、戦争や疫病などの発生によりシンガポールドルが大暴落し、国外脱出を考えなくてはいけないような場合、マンションを売っても手元には紙屑のようなシンガポールドルしか残りません。こういう有事の際には、生命保険を解約してUSドルを入手すればいいわけです。

       

      また、為替変動があって含み損が出ることがあるといっても、変動があるということは含み益がある時期もまたあるということです。私は1994年の後半、記録的な円高を背景に香港に留学しましたが、そのわずか3年後の暮れにはアジア通貨危機をきっかけに30%を超える円安になり、手持ちの香港ドルを日本円に換金したらそこそこの利益がでました(当時香港ドルはUSドルにペッグしていました)。

       

      日本円とドルにしても、私が為替相場に注意を払うようになってからだけで、少なくとも4回以上の大幅な円安や円高の時期がありました。すぐに使う予定がなければ解約してUSドルを入手しても換金せずにそのまま持っておき、為替レートが良くなったときに日本円なり、シンガポールドルなりに換金すればいいのです。

       

      もちろん、解約しないで置いておいたまま死んでしまったら、夫や娘に死亡保険金が払われますし、解約した後為替レートがまったく好転せず、死ぬまでUSドルのままで換金できなかったら、子供にそのまま相続させればいいでしょう。シンガポールは相続税がありませんが、日本ではそこそこ節税できるはずです。

       

      リタイア後の最大の不安は、自分が想定以上に長生きしてしまうリスクだと思います。私は積み立て型外貨建て生命保険は、そのためのリスクヘッジと位置づけています。

       

      リタイア後すぐの当座生活資金として考えたら危険かもしれませんが、長いスパンで為替のリスクヘッジをしながら高利回りで運用できる金融商品と考えたら、これはかなり魅力的な商品ではないでしょうか?

       

      法外な手数料を運用益の中からむしり取るような商品は問題外として、為替リスクや金利知識が十分にある営業マンが、消費者にリスクもアドバンテージもわかり易く説明した上で購入を勧めるのであれば、積み立て型外貨建て生命保険はリタイア後の資産形成の一つとしてたいへん有益な商品であると私は思います。

       

      金融庁も一方的に締め付けを強めるだけでなく、消費者が幅広い選択肢の中から自分のライフプランに合わせた良質な商品を正しく選べる環境を整備するほうに注力したほうが良いのではないでしょうか?

      | Yuriko Goto | リタイア後の資産形成 | 13:39 | - | - |
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE