ASIAN NOMAD LIFE

日本、香港、中国で生活・仕事をしてきてシンガポール在住8年目。
<< 社長の住む街トレンドに見る、地方と都心二極化の未来。 | main | ヨーロッパ人に学ぶ、本当に贅沢な休暇の過ごしかたとは? >>
大人買い推奨! 使い勝手抜群、シックなトラベル&エコバッグ
0
    シンガポールと日本の往復用に、毎月使っていたナイロンバッグの持ち手がとうとう取れてしまいました。
    一度手縫いで修理したのですが、パソコンをはじめいつもめいっぱい荷物を詰め込んでいるのでまたすぐにダメになることは明白。生地はまだまだしっかりして使えそうですが、突然持ち手が取れてパソコンを落とすことを考えると・・・と潔く諦めました。(このバッグ、学生時代に買った30年ものなので諦めもついたのです)

    次をどうしようか考えているときにふと立ち寄った成田空港のショップで見つけたのがこれ。



    ミレストという日本のブランドの折り畳みボストンバッグ。
    持ち手がぐるっと回っているのでかなりの負荷がかかっても取れない(POPには「60圓泙蚤臂翩廖」と書いてありました。入れないけど)、使わないときは折り畳んでポケットに収納(別袋でないのでなくならない)、持ち手は長短2WAY、背面にスーツケースのキャリーに通す部分がついていて上に載せてもずれないなど、考えつくされた機能に加え、色やデザインがとても大人シックなのです。普段ほとんど衝動買いしない私も、これは即買いしました。

    ぐるっと店内を見てみましたが、このシリーズ以外にもシックなリバティプリントのトラベルオーガナイザーがあったり、足にフィットするスマートな機内シューズがあったりと、まさに「大人のトラベルグッズショップ」と呼べる雰囲気。ちょっとお値段ははりますが、次はグラスファイバーの自動開閉折り畳み傘もほしいなと思いました(今使っている折り畳み傘が壊れてからですが・・・)。

    もう一つ、大人買いをお薦めしたいのが、エンビロサックスのエコバッグ。



    オーストラリア発のこのエコバッグ、シンガポールでも人気です。3年前、5個パックを買い(1個は友人にプレゼント)いつも2個をバッグに入れて愛用。丈夫ですがどうしても穴があいてくるので、1年に1個ずつ使い捨てて現在は4個め。

    このエコバッグのいいところは、たっぷり容量にもかかわらず、くるくるっと丸めて底についているホックで留められること。別袋に収納するタイプだとどうしても袋を失くしてしまうのですが、その心配がありません。また、税別1,000円というお手軽価格で、軽く1時間は軽く迷うくらいたくさん柄があるので、とりあえず気にいったものをまとめ買いしておくと、破れてもすぐに新しいものに替えられます。

    デザインはオーストラリアらしいエキゾチックなものから、70年代風のポップなものまでいろいろ。かなりインパクトのあるセサミストリートシリーズも、次に買う候補にあげています。

    | 後藤百合子 | 商家の知恵 | 18:02 | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 18:02 | - | - |
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE