ASIAN NOMAD LIFE

日本、香港、中国で生活・仕事をしてきてシンガポール在住7年目。
<< ウィキリークスがリークしたCIAスパイの海外ビジネス旅行の心得 | main | 新たなビジネスモデルが続々登場するシンガポールのネットビジネス >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    The Straits Timesの「新年に取り入れたい9つのお金の習慣」にみるマネーリテラシー先進国のシンガポール
    0

      JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

      ちょっと古いですが、今年2月5日のシンガポール紙「The straits Times」の日曜版にこんな記事が掲載されていました。

       

      新年に取り入れたい9つのお金の習慣というタイトルのこの記事は、「Invest」部門の編集者ローナ・タンさんががお薦めする一般人の投資についてのアドバイス。The Straits Timesはシンガポールでは一番人気の、日本でいうと読売新聞と日経新聞を足して2で割ったような新聞です。

       

      記事の内容を簡単に要約すると以下の通り。

       

      1. 「ポートフォリオを見直す」  基本的に私は「買ったらそのままホールド」だけれど、金融市場は刻々と変化しているので、半年から1年くらいのスパンで持っている金融商品を見直したほうがよい。
       

      2.「長期的な視点で資産形成を考える」 金融資産をもつ期間の長さに比例してリターンも大きくなる。
       

      3.「常にリタイア後を見据える」 優良株、債券、優先株式、投資用不動産、個人年金などリタイア後に向けてバランスよく配置。特に政府年金(CPF)はリスクフリーで年利も非常によいので、追加個人年金も考えたほうがよい。
       

      4.「6か月分の生活費をキャッシュでもつ」 失業など万が一の場合に備え、最低でも6か月、できれば12か月分の生活費はキャッシュでもっておく。
       

      5.「現実的な予算を組む」」 毎日のレシートやクレジットカードの支払いなどからだいたいの毎月の予算を把握しておき、旅行予算ももっておく。リタイア前には住宅ローンをすべて返済しておくことが鉄則なので、6か月ごとに月の予算を見直す・

       

      6.「保険を見直す」 年1回、家族の年齢や健康状態など状況の変化に合わせて入っている保険を見直す。
       

      7.「貯蓄用資金を別口座に移す」 自動引き落としで給料口座から別の貯蓄用口座に引き落とすようにしておく。収入が上がったらこの額も増やす。
       

      8.「消費に注意する」 衝動買いを避け、外食を控え、賢い買い物をする。家族と公園でサイクリングしたり、教会でボランティアしたり、本を読んだりとお金を浪費しない趣味をもつ。
       

      9.「税金の控除を利用する」 個人年金の掛け金など税控除になるものは多いので、きちんと調べて申告する。

       

      添付資料には保険会社別年間保険料額もまとめてあり、情報のクオリティの高さが際立っています。

       

      日本の雑誌やオンライン記事の家計診断などでは、「持ち家と賃借りとどっちが得か」とか「家計節約のために格安スマホを」というような記事が堂々巡りで掲載され、それ以上先に進まないことが多いように見受けられますが、同じ「老後の備え」にしてもシンガポールの一般家庭ではこのようなことまで考えて働き盛りの年齢から投資して資金を確保しています。

       

      また、20年以上前の香港で、引っ越した安アパートの前のテナントだった人(おそらく30代前半の独身女性)宛の銀行預け入れ明細を間違って開けてしまったことがあったのですが、10ヵ国以上の通貨に230万円単位で預金してあるのを見て驚いたことを思い出しました。

       

      日本はこれまで、世界に誇る健康保険制度と年金保険制度をもち、国民一人ひとりが自己責任で備えなくても国が老後のシステムを考えて個人に代わって運用してくれる時代が続いていました。

       

      しかし、そんなパラダイスも今は昔。現在の日本国政府の財政状況を考えると、自分の老後は自分で守る、そのために若いうちから効率よく投資することが不可欠の時代に入っています。

       

      すでにシンガポールと日本ではこれだけの差がついてしまっているのですから、一人ひとりがもっとシビアな目で将来の財務設計をするとともに、メディアも個人投資家レベル向けだけではなく、一般庶民がきちんと老後資金を築いていけるくらいの、実用的かつ平易な投資情報を提供してほしいものです。

       

      私個人としては、(もうとっくに新年過ぎてしまいましたが)あと1週間で新年度を迎えるにあたり、このアドバイスに書かれている項目をぜひ実践してみたいと思います。

      | 後藤百合子 | 老後と年金 | 23:55 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE