ASIAN NOMAD LIFE

日本、香港、中国で生活・仕事をしてきてシンガポール在住8年目。
<< 新たなビジネスモデルが続々登場するシンガポールのネットビジネス | main | ベトナム投資に新展開 >>
モディ首相のインドが着実に力を蓄えてきている様子をシンガポールで垣間見る。
0

    JUGEMテーマ:経営のヒントとなるニュースを読み解く

     

    昨日のフォーブス・ジャパンに『「インド人富裕層」の人口爆発 2025年には3300万人突破予測』という記事が掲載されました。

     

    ちょうど一昨日にUniversal Studio Singaporeで1日、日本からホームステイ中の高校生に付き添い、昨日はリトル・インディアのMustafa Centreでやはり高校生たちの買い物に付き合って肌でこの記事の信ぴょう性を感じました。

     

    ■北インドからの観光客が増加中

    インド人というといわゆる黒っぽい肌をした人を思い浮かべる方が多いと思いますが、そのような肌のインド民族は南インド出身であることが多く、シンガポールや東南アジアに古くから居住している人も肌が黒い南インド人が圧倒的に多いです。

     

    これは言葉からもわかります。シンガポールはインド系住民の言語としてタミル語を公用語に指定していますが、Wikipediaで見る限り、タミル語を話す人々はインドでは決して多数派ではありません

     

    逆に、モディ首相をはじめとする中央から北方のインド出身の人々は、肌の色が比較的薄く(灰色っぽい感じ)、言語もヒンドゥー語などインド・アーリア語系の言葉を話す人が多く、南インドのタミル語圏の人々とは外見だけでなく、言語もまったく違うのです。

     

    しかも、インド人=英語を話す人々、という一般常識とは違い、(数年前にボンベイ北部に位置するグジャラート州(モディ首相が知事を務めた州)を訪れた経験からすると)輸出など商売をしている人でもどちらかというと英語をあまり話さない人が多く、英語に堪能な南インド人を折衝のために雇っていたりします。

     

    その理由を取引先の南インド人に聞いたところ、食事(厳格なベジタリアンが多い)や断食など宗教的制約が多いため、外国人と話をしたり、海外に留学や仕事でいったりする機会が少なく、英語を話す必然性があまりないからと言っていました(モディ首相がオバマ前大統領主催の晩さん会で水だけ飲んでいたシーンを思い出します)。

     

    シンガポール生活の中で出会うインド系シンガポール人以外のインド人もこれまでほとんど南インド人ばかりだったのですが、一昨日のUniversal Studio Singaporeでみかけた幼い子ども連れのインド人家族には圧倒的に北インド人らしい風貌の人が多く、実際、アトラクションの一つで一緒になり、笑顔で話しかけてみたもののあまり英語に堪能でない様子も見受けられ、やはり北の人たちなんだなと感じました。

     

    つまり、これまでほとんど海外に出ていかなかった北インドの人々が、豊かになり、外国に観光旅行にくる時代になっているのです。

     

    ■パッケージ印刷が美しいアユールベーダ石鹸

    もう一つ驚かされたのが、現在、日本人女性観光客のシンガポール土産の定番となっているという石鹸です。

     

    「肌がつるつるになる」と人気らしく、ホームステイ中の高校生が買いたいというのでインド系の食品や日用品を扱う大規模店のMustafa Centreに行きました。お目当ての「medimix」ブランドの石鹸はすぐにみつかり、無事購入したのですが、驚いたのはパッケージの印刷クオリティが非常に高いこと。

     

    通常、発展途上国の印刷は技術的に問題があることが多く、パッケージを見ただけですぐに、ものが潤沢にある国で作ったものでないことがわかります。しかし、この商品についてはパッケージを見ただけではシンガポール製と遜色がない程の美しさで、製造年月もしっかり定位置に刻印されていました。

     

    5個入りで1個あたり80円程度と価格もそこそこ、商品レンジも広く、今後ますますシェアを広げていく商品のような気がします。

     

    また、工業製品のみならず、現在、シンガポールのスーパーでもつい最近までみかけなかったインド産野菜や果物などが徐々に増えてきており、確実に輸出力をつけてきているのがわかります。

     

    人口的には長く一人っ子政策を続けてきた中国を追い抜く日も近く、国内市場も含め、今後、世界経済の中心としてインド市場が育ってくることは確実でしょう。

     

    これからのインド経済の台頭に注目していきたいと思います。

    | 後藤百合子 | グローバルビジネスと人材 | 11:46 | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 11:46 | - | - |
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + PROFILE