ASIAN NOMAD LIFE

ライフスタイルブログはこちら。https://www.mrs-lowe.com/
<< 観光客は絶対行かない、シンガポールお薦めレストラン&カフェ5選(ビーチ編) | main | 老後にお金がなくても幸せな条件 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    観光客は絶対行かない、シンガポールお薦めレストラン&カフェ5選(森の中編)
    0

      JUGEMテーマ:シンガポール

       

      昨日に引き続き「観光客は絶対行かない」レストラン&カフェ・シリーズ。本日は「森の中編」。

       

      「大都会のシンガポールに森なんて?」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、樹木好きだったリー・クワンユー元首相のおかげで、意外と街の真ん中にジャングルが残ってたり(残してたり)、軍事施設の周囲が森になっていたりと緑が多いです。

       

      (余談ですが、チャンギ空港からシティ・センターまで海沿いのハイウェイECPを通ると中央分離帯にブーゲンビリアなどさまざまな植物を植えた大きなコンテナがたくさん置いてありますが、これは移動可能。有事の際は全部どけてハイウェイが戦闘機の滑走路になるよう設計されているそうです)

       

      選択の基準は昨日の「ビーチ編」と同じく下記の通りです。

       

      1.人が少なくて静か。〜 私はとにかく人混みが嫌いです。満員電車に乗るのが嫌で会社を辞めてフリーで仕事を始めたくらいなので、外出時もできるだけ人が少なく静かな場所で過ごしたい。席数も少なめがベターです。

       

      2.価格がリーゾナブル。〜 シンガポールのレストランは驚くほど高いのが当たり前。不動産が高いので半分は家賃なので仕方ないといえばそれまでですが、商品やサービスのクオリティに比べてこの値段はさすがに…という店はできるだけ避けています。

       

      3.できれば散歩ができる。〜 外食はほとんど家族と一緒ですが、ただそこに行って食事をしたりお茶をするだけではつまらないので、その前後に気持ちよく散歩したり、人が少なくテナントに特徴のあるショッピングモールがあったりするとさらに楽しみが増えます。

       

      #1 Riders Cafe (ライダース・カフェ)

      元競馬場の隣、乗馬クラブの中にあるカフェ。

       

      ここが素晴らしいのは、何といってもコロニアル建築の建物。個人的にシンガポールの二大ベスト・コロニアル建築は、こことDempsy Hillにある植民地時代のイギリス軍人向け教会だったSt.George’s Churchです。

       

      とにかく街中から遠いので(といっても車で30分くらいですが)人が少ない。乗馬中の人が窓の外をたまに通りかかったりするのもご愛敬。

       

      乗馬場の周囲は、以前住宅として使われていたコロニアル風の廃屋タウン。もちろんここも鬱蒼とした樹木に覆われていて、たまに車が通る他は人気がゼロ。シンガポールでは滅多にない我が家のお気に入りお散歩スポットです。娘は厩舎の馬を見るのも愉しみにしています。

       

      #2 Sunset Bay (サンセット・ベイ)

      以前はイースト・コースト・パークにあったのですが、2年ほど前に空港近くのChangiに移転。ビーチから森の中にシフトしました。

       

      Changi Villageという地元民に人気のホーカーセンターから徒歩5分ほど。ゴルフ場の隣にあって人も車もほとんど通らず、お隣は最近注目株の野菜工場。

       

      経営者兼シェフはユーロエシアン(欧米人とアジア人の混血民族)姉弟2人。ローカルとウェスタンが混じった独特のメニューが人気で、お客さんは長年通い続ける固定客がほとんど、みんな顔見知りでリラックスした雰囲気です。

       

      週末にはライブ演奏も楽しめます。

       

      #3 Poison Ivy Bistro  (ポイズン・アイヴィー・ビストロ)

      シンガポール農業の中心地でマレーシア国境に近いKranjiエリアにある農園、Vollywood Veggiesに併設するレストラン。

       

      オーナーのIvyさんはもともとインド系実業家ファミリーに産まれ、家業を継いでキャリアウーマンとして大成功をおさめた後、リタイアして華人の夫と農園経営を開始。こちらも大盛況で、週末には家族連れで賑わいます。

       

      この農園+ビストロは別の意味でも有名です。もともと政治活動をしていたIvyさんがリー・クワンユー元首相と犬猿の仲だったらしく、政府批判を繰り返していたたため脱税容疑で起訴されますが、長期間にわたる法廷闘争の結果無罪を勝ち取ります。最近はあまり言わないようになったようですが、一時は「Warrior Ivy」と自称して独自路線を貫いていました(今でもメニューにはやたらとWarriorがついています)。

       

      農園を散歩できるのはもちろん、料理教室や園芸教室も盛んに開催していますのでアクティビティもあり。ただし閉店は週末でも18:30なので注意が必要です。

       

      #4 Vava Bistro (ババ・ビストロ)

      街中からほど近いMacRitche貯水池公園内にあるビストロ。

       

      料理には特筆するものがありませんが、ウッドデッキが広くて貯水池を見下ろしながらゆったり食事ができるのと、セットメニューやビールセットがお手頃価格で家族連れに良いと思います。

       

      この公園は猿が多く生息しているので有名で、よく整備されたトレイルコースをお散歩しながら(ジョギングしている人もたくさんいます)猿の生態観察をするのも楽しいです。

       

      #5 Picotin Express Bukit Timah@ Champions Golf  (ピコティン・エクスプレス・ブケティマ)

      #1のRiders Cafeから車で1,2分、徒歩10分〜15分ほど森を登っていったところにあるビストロ。

       

      ここがすごいのは、壁がいっさいないことで、解放感あふれる屋内(というか屋根の下)から、隣接するゴルフ場が見渡せます。

       

      シンガポール在住中年欧米人に人気があり、週末の夜は、ビール瓶片手にスポーツ中継を観ながら遅くまで喋っています。ゴルフ場隣接だけあってお値段は街中並みですが、ちょっと飲む分にはたいした金額にはなりません。

       

      しっかり食事を、という場合は、ゴルフ練習場をはさんで向かい側のタイ料理レストランがお薦めです。

       

      #番外 Pollen (ポレン)

      世界有数の規模を誇る植物園Gardens by the Bayの巨大冷蔵庫の一つ、フラワー・ドーム内にある高級レストラン。

       

      ずっと行きたいと思いつつなかなか機会がなく、次の結婚記念日ディナーに夫にプレゼントしてもらおうかなと考え中。

       

      お花畑の中で愉しむ食事というコンセプトはなかなかユニークだと思います。

      | Yuriko Goto | シンガポール | 16:33 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 16:33 | - | - |
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE