ASIAN NOMAD LIFE

日本、香港、中国で生活・仕事をしてきてシンガポール在住8年目。
<< 印僑の時代 | main | シンガポールの激安コーヒーバッグはけっこう本格的 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    今こそ問われる直接民主主義の価値
    0

      JUGEMテーマ:政治

       

      今週月曜日の夜10時頃、シンガポールの国会議員Tan氏(43歳)がMeet-the-Peopleセッション(その地区選出の国会議員が市民と直接話す会)中に若い男に襲撃され軽傷を負う事件が発生しました。

       

      動機はまだ不明のようですが、男はすぐに周囲のボランティアらによって取り押さえられ警察に通報。Tan氏は病院で診察を受けた後セッション会場に戻り市民との面接を再開。自分自身を襲撃した男に対しても「問題を抱えていると話していたようでできるだけ今後も彼の力になりたい」と語っているそうです。

       

      以前の記事でも書きましたが、シンガポールではこのように一般市民が国会議員に会って直接陳情する機会が確保されています。

       

      私が住んでいる地域選出の国会議員にはゴー・チョクトン元首相がいますが、私が直接会って意見を言ったりお願いしたりしたいことがあれば会うことが可能。あらかじめ告知されているMeet-the-Peopleセッションの日に会場に行って列に並べばいいだけなのです。

       

      シンガポール国民の多くが政治に満足しているのは、経済成長によって国民生活が豊かになったこと(パン)や、建国記念日のナショナル・パレードを筆頭として無料の娯楽や文化行事が豊富に提供されること(サーカス)に加えて、このセッションによる直接民主主義が非常に大きいと私は考えています。

       

      そのため圧倒的多数を誇る与党PAP(People's Action Party)は、過去に数回このような国会議員襲撃事件があったにもかかわらずこのセッションを止めていませんし、今後止めるつもりもないようです。

       

      日本でもこのようなシステムがあればいいのに、と常々思っていましたが、最近、史上最年少で市長となった千葉市の熊谷俊人市長(40歳)がツイッターで直接市民と対話する会を定期的に開催していることを知りました。

       

      さすがに直接会場があるわけではなくヴァーチャル空間での対話になりますが、誰でも市長に直接意見が言えるのは非常に貴重な機会です。

       

      その効果も作用してか、熊谷市長は3期目となる前回の選挙で「過去最高の18万2081票を獲得し、81.3%という圧倒的な得票率」を実現したそう。

       

      自国の政治に期待せず選挙にも行かない人々の大半は「どうせ投票しても何も変わらない」という間接政治に絶望している人々だと思います。しかし、政治は私たち市民の日常生活に多大な影響を及ぼすだけでなく、私たちの子どもたちや孫たちの世代にも関わってくるものです。民主主義の根幹である選挙による政治を放棄していいわけがありません。

       

      選挙の重要性を取り戻すためにも、私たちが所属する地方自治体や国の政治や自分たちが直面する問題について、私たちを代表して政治を行ってくれている政治家に直接話しそれを政治に反映してもらう直接民主主義の機会がもっともっと増えてほしいと思います。

      | 後藤百合子 | 日本のこれから | 20:42 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:42 | - | - |
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE