ASIAN NOMAD LIFE

日本、香港、中国で生活・仕事をしてきてシンガポール在住8年目。
<< シンガポールの景観がこれから20年くらいで全く変わってしまいそうであること。 | main | ユニクロのリラコをちょっとエッジーに着てみる。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    年中真夏のシンガポールでユニクロのリラコがとても使えるというお話
    0

      JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

       

      「お洒落なステテコ」として数年前からユニクロのラインナップに加わったレーヨン素材のリラコ(一部コットンもあり)。

       

      「ルームウェア」という、どちらかというと下着に毛が生えたようなコンセプトの商品ですが、とにかく着ていて涼しいので、年中真夏のここ、シンガポールで私はけっこうヘビロテで外出着として使っています。

       

       

      こんな感じで、1年に2枚くらいずつ買い足してきたリラコを着回し。

       

      ポイントは2つ。

       

      カラフルなものに目がいきがちですが、こちらに視線がいくとステテコなのがばれてしまうので、できるだけ地味でシンプルなデザインなものを選ぶこと。

       

      もう一つはユニクロのTシャツを合せないこと。ユニクロのTシャツはコットンの質は悪くないですがデザイン性に欠けるので、私は通常、オーストラリアのCotton Onというファストファッション・ブランドのTシャツを合せます(ユニクロだったらUTのアーティストデザインはいいかも)。

       

      一応アイロンはかけていますが、引き出しにしまっておくだけでシワになりますし、着てもすぐにシワが寄るのであまり気にしません。

       

      近所の買い物や子どものお迎えだけでしたらこれで済ませますが、ちょっと街まで行くときはスカーフをプラス。

       

      南国らしく戸外は蒸し風呂、ビルの中は冷房強すぎが普通なので、けっこう実用的です。写真のスカーフはコットン製ですが、シルクのスカーフを合せても面白いです。

       

      Tシャツとリラコ併せても2,000円しないウルトラ・プチプライスで、50代の私が着てもたいしてみすぼらしく見えないのは、素材がそこそこいいからだと思います。ユニクロ最大の強みはやっぱり素材ですね。

       

      東京や大阪など、日本の大都市の真夏はシンガポールより暑いですから、リラコ、もっともっと活用してもいいんじゃないでしょうか。

      | 後藤百合子 | 身軽な暮らし | 12:16 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:16 | - | - |
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + PROFILE